臨時休館について(2018.7.7)

八幡高原の雨は落ち着きましたが、北広島町では依然警戒体制を取っており、高原の自然館をはじめ、町内の文化施設は本日も休館します。雨が止んでも、山体が水を含んでいるので、土砂災害が起きやすい状態です。不要不急の移動はなるべく控え、七夕の日を安全にお過ごしください。

いずれアヤメかカキツバタ

八幡高原を代表する花として,真っ先に挙げられるのがカキツバタです.そして,カキツバタが咲く頃になると,いつも交わされるのが「アヤメとカキツバタの違いは?」という質問です.同じIrisはよく似ていますが,花の時期には容易に見分けられます.

アヤメ,カキツバタ,ノハナショウブの花

Read more

真冬の自然館

今年の冬は、例年になく雪が多い芸北です。
八幡も2月6日、ついに2mを超えました。
2月4日(日)に、「雪原のトレッキング」を、自然館周辺で行ったのですが、その時の自然館はまさに雪に埋もれている状態です…。
スキーやスノボで芸北へ足を運ばれる方もいらっしゃると思います。
くれぐれもお気をつけ下さいね。

12月6日の八幡高原

広島市でも12月5日に初雪が、そして本日12月6日に初冠雪が観測されましたね。
芸北地域にももちろん雪は降り、芸北 高原の自然館がある八幡も綺麗に雪化粧。
今日の自然館周辺の様子です。


冬季休館中の自然館。真っ白な新雪が周囲を覆っています。


自然館前の広場にあるコナラとくっついているヤドリギ。
今年は久しぶりにレンジャク類がたくさん来てくれたので、実はそこまで目立たないですね。


霧ヶ谷湿原へと続く道。除雪の範囲外なので、そろそろこの景色は見納めです。

休館のお知らせ(2017.7.5)

西中国山地では線状降水帯が発生しており,八幡地区では降り始めからの雨量が200mmを超え,大雨による河川の氾濫や斜面の崩壊が生じています.

このため,2017年7月5日,高原の自然館は休館します.みなさんも,身の安全を第一に,くれぐれもお気を付けください.

芸北小より来館(2017.6.3)

地元である芸北小学校の児童が、カキツバタを愛でる会に合わせて、高原の自然館にきてくれました。
学芸員より、館内のクイズが出されました。

・アカショウビンは何個たまごを産むでしょうか?
・ツキノワグマは何をたべるのでしょうか?
・鳥はなにをつかって巣をつくるのでしょうか?
・コウモリの手はどうなっているでしょうか?

児童達は、きゃあきゃあ言いながら館内展示を見ていました。
最後にみんなで答え合わせをして、高い正解率がでました。
複数の答えがあり、ビデオや実物をみて、答えを探してくれたそうです。
コウモリの指の場所も正確に絵に描いてくれました。
また遊びにきてね!

1 / 2012345...1020...最後 »