イズモコバイモ

中国新聞の記事を読んで,咲いていることを知った花.ちょうど,アズマイチゲの写真を見ていたこともあり,なんとなーく見に行きたい気持があった折,三瓶山の山焼きが延期になって,一日目の夕方まで時間ができたので行ってみた.

新聞記事を見た以外は下調べもせず,大まかな所在地しか分からなかったので,たどり着けるかどうか心配だったが,なんとなくで行き着くことができた.いや,行き着いたというよりも,生育地の立地が良すぎたのだろう.何しろ県道沿いなのだから・・・.

個体数はかなり多く,開花個体も沢山見られた.また,他のユリ科の植物同様,花が咲く前の一枚葉の個体も沢山見られた.写真の個体の根際にある葉は,ほとんどイズモコバイモだ.花の色には変異が多く,花を覗き込んだ時に花弁の付け根近くに見える黒点がかわいかった.

それにしても,この生息地は環境が良い.県道沿いで車通りが多いため,人の目に付きやすく,盗掘されにくい.何よりも,生息地の斜面を挟んで民家があり,その家の方が積極的に保全に取り組んで居られる.翌日が観察会だったこともあり,たまたまそのグループの方お二人と話をすることができた.お二人とも熱心で,心強く感じた.

ただ,ちょっと心配な点が無かったわけでもない.それは,イズモコバイモに最適な環境を作るあまり,他の種が減ってしまったら寂しいな,ということだ.斜面が一面のイズモコバイモに埋もれるのも悪くないのかもしれないが,できればヘテロな環境を残してほしいというのは欲張りだろうか.

ともあれ,ここでイズモコバイモを見ていたおかげで,その後二泊三日の三瓶滞在が,より楽しいものになったのは確かだ.三瓶の山焼きに集まった人たちも,やっぱりイズモコバイモが気になるようで,何度も話題に上った.この個体群はきっと守られるだろう.隠して守るのではなく,広く公開して守ることができれば,それが自然保護の方法としては理想的だと思う.

オウレン

今年は本当に雪が遅くまで降る.この日も,雷を伴った霰のような雪で,「寒い寒い」と言いながら仕事をしていた.林の中の雪はだいぶ解けいたのだけど,実はまだオウレンの開花確認はしていなかった.雪が降ったから入ってみようと思うのも不思議なものだが,人の心なんてそんな風に出来ているのかもしれない.そうでなきゃ理不尽なんて言葉は生まれないはずだし.

ともあれ,やっぱりもう咲いていた.ぽつり,またぽつりという感じで,10株くらい確認した.どれも小さい株ばかりだったけど,これから大きくなるのか?それとも小さい花しか咲かせられないような個体は早く咲くのか?小さい花しか付けられないような個体は,大きな花と同時に咲くと目立たないので,効率的に訪花昆虫を寄せるために早く咲く,なんてことはないのかな.うーん,勉強不足.個体のマーキングして,開花時期と結実率と昆虫の訪花状況を調べればお話にはなりそうだけど,きっとだれかやってるなぁ.中学校か高校の自由研究にできそうだけど,日本のカリキュラムだとちょうど「ブランク」ができる時期だなぁ.ムリか.

オウレンが咲くと,今年もまた始まる,という気になる.
春が来た.

21 / 21« 先頭...10...1718192021