八幡大歳神社

八幡盆地の真ん中は浮島と呼ばれる.大歳神社はこの浮島にある.大歳神社の裏にはその年の農作物のできを占う神事に用いられる瓶があり,瓶の中に水が入っていなければ豊作だという.この瓶は大水が出た時にも浸からなかったそうだ.つまり,占いの結果はいつも豊作.どちらかというとおまじないみたいなものだろうか.ところで,この「浮島」という地名を聞くと,どうしても湿原と関連づけて考えてしまう.一帯は湿地で,洪水時には湿原が水を抑えたと考える事は飛躍だろうか.

大歳神社の社叢林にはブナが2個体ある.遠くに見える苅尾から飛び出したブナを残した八幡の先人には,何か暖かいものを感じる.水が張られた水田の上に見える大歳神社は,本当に島のようだ.

2 / 212