臨時休館について(2018.7.7)

八幡高原の雨は落ち着きましたが、北広島町では依然警戒体制を取っており、高原の自然館をはじめ、町内の文化施設は本日も休館します。雨が止んでも、山体が水を含んでいるので、土砂災害が起きやすい状態です。不要不急の移動はなるべく控え、七夕の日を安全にお過ごしください。

いずれアヤメかカキツバタ

八幡高原を代表する花として,真っ先に挙げられるのがカキツバタです.そして,カキツバタが咲く頃になると,いつも交わされるのが「アヤメとカキツバタの違いは?」という質問です.同じIrisはよく似ていますが,花の時期には容易に見分けられます.

アヤメ,カキツバタ,ノハナショウブの花

Read more

休館のお知らせ(2017.7.5)

西中国山地では線状降水帯が発生しており,八幡地区では降り始めからの雨量が200mmを超え,大雨による河川の氾濫や斜面の崩壊が生じています.

このため,2017年7月5日,高原の自然館は休館します.みなさんも,身の安全を第一に,くれぐれもお気を付けください.

八幡湿原と尾瀬ヶ原湿原

八幡湿原と尾瀬ヶ原湿原

八幡湿原の話しをするときには,よく話題にされるのが尾瀬ヶ原湿原のことです.日本人にとって湿原といえば,まず尾崎谷湿原(そして釧路湿原)なんでしょうね.

ここでは,成り立ちと植生から,ふたつの湿原を比べてみたいと思います.

まとめを先に書くとこのような形です.

共通点;

  • 川がせき止められたことによる盆地地形に湿原が形成された
  • 泥炭の蓄積が認められる
  • 大きく見れば同じ植生

相違点;

  • 川がせき止められた原因(尾瀬は火山活動,八幡は地質)
  • 泥炭の蓄積量(尾瀬は5m,八幡は1m未満)
  • 植物相全体で見ると共通していない(共通係数18%)
八幡盆地
平坦な地形が拡がる八幡盆地.奥には臥竜山.

Read more

〓マツムシソウの花をじぃーっと見た

〓マツムシソウの花をじぃーっと見た

マツムシソウは一つひとつが筒のような形をして,花序の外側には花弁の大きな花が,内寄には花弁が小さな花が並んでいます.

マツムシソウの花

内寄りの花を見ていると,花弁の切れ込みのうち「一つだけに色が付いている」ことに気付きました.

マツムシソウの花序

この,色の付いた花弁は,つぼみの時に一番外側にあった裂片のようです.つぼみに「最後の封」をする役割.では,花弁の大きな花ではどうだろう,ということで探してみました.
なかなか「咲きかけ」を見つけることができませんでしたが,ようやくありました.

咲き始めたマツムシソウ

一番外側の,大きくなる花弁を持っている花は,全ての裂片に加え,筒部分も紫色でした.

マツムシソウの花では「内側の花では,未熟な蕊を紫外線から保護するために,”蓋する裂片”だけに色がつくのか?」「外側の花では,虫を呼ぶために全体に色がつくのかな?」なんて思いながらじぃーっと見てみました.

マツムシソウのつぼみ

真相は分かりませんが,やっぱりおもしろい花です,マツムシソウ.”蓋の裂片”を意識すると,つぼみも可愛く見えますね.

霧ヶ谷の,草刈りの効果

霧ヶ谷の,草刈りの効果

霧ヶ谷湿原の草刈りエリアも,作業から1ヶ月経ちました.こちらは緑が目立ちます.刈取り&持ち出しを3年間続けているのと,貧栄養な水をまわしているのとで,木本が目立たなくなりました.ノイバラの株はたくさんあります.

今年もトモエソウの芽生えがたくさん,ノハナショウブやユウスゲの株も健在で,夏にはお花畑が見られそうです.春先の草刈りは,農作業としては無かったものですが,「花咲く野草地」を再生する初期段階では有効かも,と思いました.

  1. 低木だけにダメージを与えられる
  2. 夏の刈り取り&持ち出しでは,花を刈ってしまうし,保全対象の草花にダメージがある
  3. 秋の刈り取り&持ち出しでは,種まで持ち出してしまう

ただし,これが有効なのは,外来草本が入っていないことと,保全対象種の種子供給源があることが条件でしょうね.それから,春先は草や木が雪で抑えられて刈りにくいので,いずれは晩秋に作業をするようにした方が効率が良いように思います.試行錯誤.

千町原の,野焼きの効果

千町原の,野焼きの効果

野焼きから1ヶ月経った千町原を通っていると,焼いたススキ原は黒く見えます.他の場所では低木や牧草(ハルガヤ)が芽吹いて緑なのに,このエリアは黒い.理由は以下の二つ.

  1. ススキの芽生えは牧草に比べて遅いので,緑が目立たない
  2. ノイバラなどの低木の冬芽が焼けて芽吹くことができない

特に「2」の方は大事で,ススキ原では燃料(前年のススキ)があるために,1m以下の低木は,ちゃんとダメージを受けるようです.ススキが残っている場所なら,毎年野焼きを続けることで低木を駆逐できるかもしれません.(毎年続ける,というのがナカナカ難しいのですが...)

一方,2メートル程度の低木林になった場所では,野焼きの燃料も無く,あまりダメージを受けないため,しっかり芽吹いています.こうした場所では,伐採を伴う管理が必要なようです.

何事もそうかもしれませんが,火入れもまた,管理を継続することが,管理そのものの労力を下げています.良いスパイラルが残っている場所(近隣では,雲月山,深入山,秋吉台,三瓶など)は,この流れを止めないことが大事ですね.千町原も,早くそこまでたどり着きたいものです...

1 / 1912345...10...最後 »