自由集会「地域の自然を守るために本当に必要なこと」の宿題

自由集会「地域の自然を守るために本当に必要なこと」の宿題

大会初日午後に自由集会が開催されました.同じ時間に競合するテーマの集会が無かったこともあり,来場者は約140人(開催者カウント)だったそうです.多い.タイトルが,保全の現場に居る人に対して挑戦的だったことも寄与してるかもしれません.

しかし,最初の2人の講演が大幅に時間超過してしまい,総合討論の時間が取れず,「集会」が成立しませんでした.これは非常に残念であるし,主催者としては来聴者を裏切った形になってしまいました.3人目からは駆け足の発表になるので聞きにくいし,特に最後から2番目に発表した猪谷さんは,時間を気にしながらの発表だったので可愛そうでした.タイムキープを講演者任せにした主催者一同で反省するとともに,「質問への回答と,各自が考える[本当に必要なこと]を掲載したページを作成し,jeconetでアナウンスすること」を約束しました.

以下宿題.

地域の自然を守るために本当に必要なこと,を自分なりの言葉で書いてみると「科学知,または地域に内在する経験知に基づいた合意と,実施主体を伴う複数の具体的な手段.およびその手段を適切なタイミングで投入するコンダクター」となります.

科学知に基づく合意

  • カキツバタ保全のための刈取り手法(井上)
  • 具体的な保全対象種の共有(猪谷)
  • 継続的な理科教育(猪谷)
  • 北広島町レッドデータブック2012(白川)
  • 生物多様性きたひろ戦略(白川)

経験知に基づく合意

  • 盆栽教室を通じた自然観の共有(片岡)
  • 滝登りの禁止(片岡)

実施主体を伴う具体的手段

  • 地域住民による「滝登り禁止」の看板(片岡)
  • カキツバタ保全のための選択的刈取り(井上)
  • 芸北せどやま再生事業(白川)

コンダクター

  • 法規制への対応(井上)
  • 行政と参画団体との連携(井上)
  • (認定)NPO法人西中国山地自然史研究会(白川)

保全の議論が盛んになってきたとき,生態学から保全へのアプローチでは,種生態や生息環境の維持機構を明らかにすることにより,たくさんの具体的手段が提示されたように思います.その後,自然再生事業が進められた時期には,矢原先生が,科学知に基づく合意形成について集会を企画された記憶があります.この辺りまでは生態学の匂いがしますが,経験知に基づく合意や,実施主体の話しになると生態学だけでは追いつかなくなってしまいます.そうなると,コンダクターに求められる資質は生態学の知識だけに留まらなくなり,社会の中に機構として落とし込むためには,他分野の助けを借りた議論が必要になってきます.佐藤哲さん・家中さん・鎌田さんが始めた「地域環境学ネットワーク」のプロジェクトは,なるほどそういうことなんでしょうね.一つの学会の中だけでは,あるいは科学だけでは解決できない社会課題に対する議論をするための場.

宿題はそんなところです.こんなことは,もう多くの人が気付いているのだけれど,今回の集会の旨味は,上記文脈に出てくる要素を丁寧に,そして具体的に示して,総括的に議論するところにあったと思います.理想世界としての保全方針を,現実世界の話しとして示すこと.なので,総合討論が無くなったのは本当に残念でした.聴いてる方はもっと残念だったと思います.

僕の話の中では,コンダクター(ここでは「補助金を投資する行政」)の話しをしました.

森林政策
今の森林政策と今からの方向

この話しは,アンダーユースとオーバーユースを,補助金や規制や税金によってどのようにコントロールするか,という話しです.林産材の利用を進める必要がある現在時点でのgood・better・bestだけど,それらは時事見直されるべきことで,bestがずっとbestではないと思っています.

質問で,都市部との流通が出たけど,資源の問題を考える時に,流通ほど無駄なことは無いと思います.広域流通が始まったことで,地域のホメオスタシスが機能しなくなったと思います.ただし,現代の社会で地産地消を100%実現することは不可能なので,じんわりと,できるところ・やらないといけないところから始めて,広げていく,というのが次善策なんでしょうね.16日の公開講演会ではそんな話しもできる・・・かな.

今回の学会は,自由集会での発表が一つ,公開講演会の司会,ポスター発表(協働発表)が一つ,専門委員会が2 つ.たくさんあるけど,自分の「研究発表」が無いのは寂しい.

にじゅうまるCOP1に参加,講演させていただきました

にじゅうまるCOP1に参加,講演させていただきました

タイトルは「生物多様性地域戦略を政策につなげる−実践の現場から−」というもの.短い講演時間でしたが,戦略策定の経緯,学術調査から見えてきた数値目標,せどやま再生事業などの話しを詰め込みました.
この分科会「4.行政・市民の本音を地域戦略促進に活かす」では,ひとはくの橋本さん,NACS-Jの志村さん,生物多様性とくしま会議の飯山さんが話され,戦略策定を始める段階から,実際に戦略に沿った施策を展開する段階まで,様々な局面が登場しました.
一番面白いと思った議論は,徳島大の鎌田さんから投げられた「数値目標も必要かもしれないが,むしろ,生物多様性によってもたらされる豊かさや文化が重要で,どのように評価すれば良いのか」というもの.僕は,豊かさとか文化とかは,数字にするよりも,その価値を「語る」ことによって評価すべきじゃないかなぁ,と思っています.音楽や美術作品が「なぜ美しいのか」を数字を使って解説する場面も確かにあるのですが,作品が大きな価値を得たとき,既に他との比較が意味を成さない絶対的存在になるのと同じように,豊かさとか文化も,数値化して比較するには向かない価値だと思うのです.作品を価値付けするのは学芸員の仕事ですが,社会が持つ豊かさや文化のキュレーションはだれがするんでしょうね.立ち話で鎌田さんから出た「社会学の出番」というのには一票です.かたりべ.
もうひとつ,この質問に関連して考えたのは,数値目標は「到達目標(マイナスからのスタートで,そこに達することが大事)」で,豊かさや文化は「達成事項(ゼロからのスタートで,作られたものが蓄積していく)」だなぁ,ということ.この意味でも,二つを同じ軸に収めるのではなく,それぞれ独立した評価が適当かなぁ,と思いました.
午後からは博物館の分科会に参加して「博物館にできること」をおさらい.正直なところ,高原の自然館は色々な意味で「まだまだ全く追いついていない館」なので,他の館の活動や考え方を聞きながら,将来像を想像することが大事だと思っています.イメージキャリブレーションのようなものです.
終了後には,場外編でとても大きな話しを聞くことができました.国の施策がどのタイミングでどのように進むのかという見通しを,そんなに遠い話しではなく聞くことができてhappyでした.
声をかけて下さった橋本さんと,にじゅうまるCOP1運営のみなさん,色々とご意見をくださった方たちに感謝します.充実した1泊1日でした.

きしわだ自然資料館のブースでは,ちりモン体験ができました.
きしわだ自然資料館のブースでは,ちりモン体験ができました.
若い人が盛り上がっていました
若い人が盛り上がっていました
会場「I-site なんば」のセンター長である石井先生には,3月に広島国際会議場で開催される「里山のこれまでとこれから」で講演していただく予定
会場「I-site なんば」のセンター長である石井先生には,3月に広島国際会議場で開催される「里山のこれまでとこれから」で講演していただく予定

日本自然保護協会主催の自治体担当者対象セミナー「生物多様性地域戦略の活かし方」で講演します

日本自然保護協会主催の自治体担当者対象セミナー「生物多様性地域戦略の活かし方」で講演します
「関東方面」で「自治体担当者」と,対象者が絞られたセミナーですが,該当する方,どうぞご参加ください.個人的には「目黒区生物多様性地域戦略」の内容にちょっと興味があります.
■日時:2014年 3月4日(火)13:00~17:00(開場12:30)
■会場:フォーラムエイト 7階 773会議室
 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2-10-7 新大宗ビル
 (渋谷駅徒歩5分)

 

詳しくは NACS-J のホームページをご覧下さい.

http://www.nacsj.or.jp/katsudo/waytob/2014/01/34.html

Read more

近畿自治体環境施策情報交換会(生物多様性保全)で発表

近畿自治体環境施策情報交換会(生物多様性保全)で発表

近畿環境パートナーシップオフィス(きんき環境館)が主催する情報交換会で,北広島町の「生物多様性きたひろ戦略」策定に係る事例を発表させていただいた.近畿地方の自治体職員の方たちが対象で,戦略の内容というよりも「どうやって戦略策定まで進めていったのか」ということを話して欲しい,というオーダーだった.

戦略策定において自治体の方たちが難しいと感じているのは,どのように庁内連携,住民連携を進めていくか,ということだった.住民と行政の対話の場を「どうやって作るのか」ということに対する明確なマニュアルみたいなものってできるのだろうか.

他に,加西市が戦略策定について発表されていた.課題や手順が簡潔にまとめられていて,聞きやすかった.戦略も,行動計画のページ(翌年度事業の明示,イメージ写真の掲載)が参考になった.

その他,兵庫県明石市の方から聞いた「捨てたらアカン!ミドリガメキャンペーン」がおもしろかった.ミドリガメ(ミシシッピアカミミガメ)の駆除を進めるため,駆除ポストを設置したというもの.取り組みも面白いけど,カメを食べてみた,というのがスゴイ.不味かったらしい.

印象として,近畿は自治体の意識(戦略作らなきゃ,という危機意識も含む)が高いように感じる.今回の参加者のうち,「策定事業が進んでいて,自分も感心がある人」が14人,「自分は感心があるけど,策定事業は進んでいない人」が13人,「策定事業は進んでいるけど,自分は知識・関心が無い人」が2人.広島ではこうはいかない.戦略を作れば良いってものでもないけれど,EPOちゅうごくや岡山事務所も,もう少し自治体との連携を取ってもらうと面白いことになりそう.