しまなみ海道をゆく

自転車に乗るなら秋という季節は最適だと思う.風が少し冷たくなったくらいがちょうどいい.休みを利用して,しまなみ海道を走ってみた.須波港から30分程度フェリーに乗ると,生口島(瀬戸田町)に着く.そこからスタートしてすぐに渡るのが世界最長の斜張橋「多々羅大橋」.吊り橋と違って,弧を描くワイヤーが無いので精悍に見える.

こちらは大三島橋.開通当時は日本最長のアーチ橋だったらしい.他の橋が優美な印象を与えるのに対して,この橋は力強いカンジ.ゴブリンみたいだ.自転車・歩行者用の道をしっかり確保していて走りやすい.

しまなみ海道サイクリングのハイライトは来島海峡大橋.こちらは世界初の三連吊り橋.しまなみ海道って,ものすごい技術をつぎ込んで作られてるんだなぁ,と実感する.大きく,美しい橋だ.

これは橋に至るまでのランプ.といっても,車ではなく,自転車と歩行者,そして原付専用道路.しまなみ海道は,本当にサイクリングしていて気持ちいい.トテモオススメです.色々なところに自転車で行ったけど,これほど走りやすいコースはないなぁ.全体を通してほとんどフラットだし,休憩施設も適度にある.

そしてついにたどり着いたのが今治.ちょうど日が暮れる頃で,今治造船のクレーンが印象的だった.ここまでの走行距離は46km,最終のフェリーまでの時間は2時間・・・.ま,来島海峡大橋を渡る時から解っていたことなのだけど,「ここまで来たら渡るしかない!」よなぁ...この,目先優先で後から苦しむ,といういつものパターンはいつか変わるのだろうか・・・?

再び多々羅大橋を渡った頃にタイムアウト.尾道までの40kmあまりを自転車でゆくことになってしまった.でも,車は無いし,道もフラット,頭の上には明るい半月.そんな島の道を自転車で走っていると,とても幸せな気分だった.夜半過ぎに尾道駅まで帰り着き,タクシーで須波港に向かった.無計画でハチャメチャだったけど,良い旅をしたと思う.

奥滝山峡散策

町の観光課が視察で歩くのに同行を求められ,一緒に歩いてきた.恥ずかしながら,実は奥滝山峡を歩くのははじめてだ.話には聞いていたが,確かに散策路としておもしろい.上流にダムが無いからか,渓谷がしっかりと洗われている.水も透明度が高く美しい.看板も設置してあるし,ゆっくり歩くのに良さそうな場所だ.

上流部では比較的険しい流れが多く,下流にはこうした淵が多くなる.所々には滝もあるし,紅葉する樹木も多い.モミジのシーズンに出かけたい場所だ.

ところで,ここでもう一つのはじめてがあった.キイロスズメバチに太股を刺されたのだ.幸いアレルギーは持っていなかったようで,アナフィラキシーショックは起きなかった.本当は毒を吸い出してしかるべき処置をすべきなのだけど,どんな反応が起きるのか見たかったのでそのまま放置してみた.刺された場所が良かったのもあるのだろうけど,腫れはふとももの中に収まり,ブユを激しくしたくらいだった.その後の痛みもミツバチ程度だし,歩くくらいなら支障はない.ただし,今回の刺傷で抗体ができてしまったので,気を付けないといけない・・・.サミシイ.

クマ登場

休日だったので工房 ぶなの里でコーヒーを飲んだりハーブティーを飲んだりビールを飲んだりして午後を過ごした.雨が降りそうなお天気だったので他のお客さんは一組だけで,その方達もお昼過ぎ早々に帰って行かれた.ほどなく,坂井さんがやってきてキノコの幼菌を見せてくれた.帰りかけた坂井さんが戻ってくるのと輝子お母さんが叫ぶのが同時だったと思う.「クマ!クマ!」.テラスの向こう,ちょうど僕がハンモックを吊るあたりを若いクマが走っていくのが見えた.アキちゃんが吠えたからクマもびっくりしたのだろう.ニョルさんが言っていたことをそのまま目撃してしまった.

「クマをよく見る」という話はお母さんに聞いていたのだけど,まさか自分が見ることができるとは思っていなかった.いつも15:00過ぎくらいに通過するそうだ.そんな話を聞いていたら「あっ!またじゃ!」という輝子お母さんの声.慌ててケータイを掴んで撮ったのがこの写真.「一日に4頭も見たのははじめて」という.僕も子連れグマを見たのは初めてだ.ガサゴソと藪から出てきて,管理林の中を一目さんに駆け抜けていった.そりゃぁ,これだけ見通しが良ければ長居はしたくないだろうなぁ.クマ防除には奥山保全・里山整備・(集落周りの)草地再生・・・ってどうですかね?かなり的を射ていると思うのですが.

広角いっぱいで花を写すのはヒサビサかもしれない.頭を切られたタンナトリカブト.これが動物とか昆虫とか人だったら目も当てられない写真なんだけど,切り取っていった人はそんなこと考えないんだろうなぁ・・・.

城岩

今年も乙九日は盛況のうちに終わったようです.とにかくカメラマンがスゴイ.武者行列をカメラに収めるために,場所取りもタイヘンだそうです.それで僕はというと,やっぱり呑んでおりました.ここは,雄鹿原地区を見おろす城岩という岩の上.昼間はなかなか眺めがよろしく,背後にはブナなんかも茂っています.この上で,松明に縁取られた道を見ながらビールをプシュ.日本酒もグビリ.バザーで買ったたこ焼きとおでん.あぁ,今年も酔い良い乙九日でした.

乙九日炎の祭典

明後日(9/23)の午後から,雄鹿原地区で乙九日炎の祭典が開催されます..松明行列や火牛の舞,神楽など,なかなか見どころのあるお祭りですよ.道路沿いに置かれた灯火を見ているだけでもキレイです.ま,僕はバザーで呑んでると思いますが(^^;

みんなで行きまショウ.

納夏

「夏が終わる!夏が終わる.夏が終わる.夏が終わる・・・夏が・・夏・・・・・・」と,立秋の頃から不安感があった.確かに隠岐に行ったのだけど,どうもこの不安は「海に潜っていない」というところから来るようだ.いや,それは分かっていた.

そんなわけで,どうしても海に潜らずにいられなくて,潜ってみた.海水浴の人達もそこそこいて,海の中には魚がちゃんといてくれた.これは穴から覗いていた10cmくらいのハゼ.

そしてこちらはウミウシの一種.3cmくらいだろうか.牛の模様と角がカワイイ.去年来たときにも会っていて,また会えたのがうれしかった.

さらに,同じ岩場で見つけた別の個体.こっちはもっと小さくて,2cmも無かったかもしれない.それにしても,こんなに小さくて移動能力も低い生き物が,大きな海の中で同じ種の別個体と出会い,生殖して,長いこと種を保ってきたということがすごい.

夏休みが8/31に終わる小学生の頃の感覚はまだ活きているようで,立秋とともに秋がやってくる八幡の気候とは裏腹に8/31までは夏ができるという漠然とした確信があったし,南の方に行けば,やっぱり夏を実感できたのも確かだった.夕陽が沈んでいくのを見ながら「あ〜,夏が終わっていく」と,何度もため息をついたけど,ちゃんと終わることができたような気がした.ヨカッタ.

なんだかブログタイトルと内容が合っていないという声が聞こえてきそうなので,またキアイ入れてオシゴトします.はい.

平尾台を見直した休日

お盆で寄生帰省してみると,庭のフジがひとつだけ花を付けていた.「ギョッ」と思ったけれど,気候云々ではなくて,剪定したら咲かせたらしい.落ち着いてみると,残暑の中で咲くフジも涼しげでなかなか良いなぁ.

帰る前に両親と平尾台に行ってみた.これまでは英彦山に行くことが多かったのだけど,今回はちょっと趣向を変えてこちら.

お目当てはこのノヒメユリ.上野さんに「見てきたよ」と言われてスゴク気になっていたのだ.羊群原のあちこちに咲く小さなユリは,本当にカワイイ!親子3人で感激しきりだったのでした.湿原の周辺にはコオニユリもあったけれど,石灰岩地はノヒメユリになる.サイヨウシャジン,サギソウ,ヌマトラノオ,ツリフネソウ,ノカラマツ,クズ,オミナエシ,オトコエシ,カワラナデシコ・・・あぁ,ホントにすごい.花だらけ.短い帰省をたいへん満喫できました.

自然館の生き物たち

近ごろ,自然館に生き物たちがいる.中国新聞で報道されたカワシンジュガイ&アブラボテが最古参.その次がこのカブトムシ.やってきた時はサナギだったのに,昨日,羽化した.実は,僕はカブトムシのサナギを見たのも初めてなら,羽化したての成虫も初めて見た.羽化したてのセミが見せる色彩もきれいだが,カブトムシの白と黒のコントラストは負けずに素晴らしい.なんだか来年もこの羽化したてを見たいためだけに捕りに行ってしまいそうだ...

そしてもう一匹がマムシの「Hammy」.最初は気持悪がっていたスタッフも,鱗の様子や金色の目玉を観察する内にHammyの魅力に目覚めたようだ.Hammyという愛称もそんなスタッフによる命名.野外ではキケンな動物だが,自然館では目の前数センチまで近寄ることができる.じっくり観てもらいたい.ちなみに,Hammyは夜行性なので,この文章を書いている目の前で首を持ち上げているけど,昼間はじっとしている.

一泊一日 聖−高岳

恐怖の3日間の後,休みが一日できたので,山を歩くことにした.早朝に出ようかと迷ったけれど,どうせなら外でで眠りたい.そんなわけで,夜中にゴソゴソと準備をする.ハンモックを持っていくなら軽装にしたいから,フェイを見習って半袖半ズボン.尾根を歩くので水はそこそこ.食べ物は一応1.5日分.並べてみると,カッパ袋がやけにデカいなぁ(^^;

この日の宿はササ林床の若齢コナラ林.「午前中はしっかり休むゾ!」と決めていたのに,米軍の低空飛行にキモを潰されそうになって起き出した.朝方にけっこうな雨が降っていたけど,今回は張り方をしっかりとしたのでハンモックの中はcompletely dry.うーん,ますます気に入った.

10:00過ぎ頃に起きてまずはごはん.無洗米300mlで2食分.炊きあがってから蒸らす間にハンモックを撤収する.土の上のゴハンはいいなぁ.

僕が使ってるクッカーは*が出しているソロ用のもので「焚」というモデル.アルミ製で,チタンよりも100gほど重いけど,内側にアルマイト加工がされてるので,焦げ付かないし,何よりも手入れが楽.野食でコレって結構ダイジな要素だと思う.焦げ付かないので「おこげ」まで作れてしまう.思わず「いいでしょ,これ」って言いたくなります:)

聖から高岳の登山道沿いでは11匹のマムシを見た.今回は高岳まで登山道を歩いた後は,尾根沿いに県境を歩いた.この県境は,実は日本海と瀬戸内海の分水嶺になっている.日本山岳会は記念行事として北海道から九州までの分水嶺を歩いて結んだらしいけど,これのまねごとをしてみようと思ったわけです.が,道路に出る前に日が暮れそうだったので,途中から沢筋を下った.いくつかの湿原とこんなナメラを見られてナカナカ満足.下りた所で手ぬぐいを落としたことに気付き,気落ちしてるところに10匹以上の「せいとう」の襲来.これには参りましたが,「ひとりでいること」を愉しめる良い休日だった気はします.