一泊一日 聖−高岳

恐怖の3日間の後,休みが一日できたので,山を歩くことにした.早朝に出ようかと迷ったけれど,どうせなら外でで眠りたい.そんなわけで,夜中にゴソゴソと準備をする.ハンモックを持っていくなら軽装にしたいから,フェイを見習って半袖半ズボン.尾根を歩くので水はそこそこ.食べ物は一応1.5日分.並べてみると,カッパ袋がやけにデカいなぁ(^^;

この日の宿はササ林床の若齢コナラ林.「午前中はしっかり休むゾ!」と決めていたのに,米軍の低空飛行にキモを潰されそうになって起き出した.朝方にけっこうな雨が降っていたけど,今回は張り方をしっかりとしたのでハンモックの中はcompletely dry.うーん,ますます気に入った.

10:00過ぎ頃に起きてまずはごはん.無洗米300mlで2食分.炊きあがってから蒸らす間にハンモックを撤収する.土の上のゴハンはいいなぁ.

僕が使ってるクッカーは*が出しているソロ用のもので「焚」というモデル.アルミ製で,チタンよりも100gほど重いけど,内側にアルマイト加工がされてるので,焦げ付かないし,何よりも手入れが楽.野食でコレって結構ダイジな要素だと思う.焦げ付かないので「おこげ」まで作れてしまう.思わず「いいでしょ,これ」って言いたくなります:)

聖から高岳の登山道沿いでは11匹のマムシを見た.今回は高岳まで登山道を歩いた後は,尾根沿いに県境を歩いた.この県境は,実は日本海と瀬戸内海の分水嶺になっている.日本山岳会は記念行事として北海道から九州までの分水嶺を歩いて結んだらしいけど,これのまねごとをしてみようと思ったわけです.が,道路に出る前に日が暮れそうだったので,途中から沢筋を下った.いくつかの湿原とこんなナメラを見られてナカナカ満足.下りた所で手ぬぐいを落としたことに気付き,気落ちしてるところに10匹以上の「せいとう」の襲来.これには参りましたが,「ひとりでいること」を愉しめる良い休日だった気はします.